不要になった等身大ラブドールを安全かつ確実に処分するには?

等身大ラブドール 処分方法トップ

 

ラブドールも人間と同じく生きている以上、出会いもあれば別れだってあります。

 

パートナーとして迎え入れた時もあれば、諸事情により面倒見きれず処分しなければならない時もやがてはやってきます。

 

パートナーとして長年連れ添っている以上、愛着がありすぎるがあまりに処分の決意ができないまま、そのまま放置してしまう方も少なからずいるのも事実です。

 

 

ラブドール 処分」で検索して当ページに訪れた方は

 

ラブドールを処分したいのは山々だけど・・・処分方法がわからない!

 

といった方が多いかと思います。

 

 

当ページでは

 

何かしらの諸事情でラブドールを処分せざるを得ない!

 

ラブドールを処分したいが何もできずにいる!

 

といった方を対象に、ラブドールを安全に処分する方法や注意点をわかりやすくまとめています。

 

 

ラブドールを処分する方法は大きく分けて3つ!

 

等身大ラブドール 処分方法1

 

ラブドールを安全かつ確実に処分する方法は以下の3つあります。

 

これを知らずに自分勝手な判断で処分してしまうと、不法投棄または死体遺棄したと疑われ逮捕されることがあります!

 

※これについては後述します。

 

 

メーカーに引き取ってもらう

 

等身大ラブドール 処分方法2

 

手放したいけど他の人に渡してほしくない!

 

と考えている方向けの処分方法です。

 

オリエント工業といった一部のメーカーでは、不要になったラブドールを「里帰り」と称して無償または有償で引き取ったのち供養して処分してもらえます。

 

購入したラブドールのメーカーが処分に応じてくれるのなら利用しない手はありません。

 

※購入したメーカー以外のラブドールでも処分に応じてくれるケースもありますが、基本は購入したメーカーものだけにしか対応していないのが多いです。

 

 

里帰り(ドール処分)に対応している主なメーカー

 

■ オリエント工業

 

■ ミクロメイド

 

■ シリコンアート

 

■ ベルドール東京

 

■ PERFECT BODY

 

 

中古販売業者・買取業者に引き取ってもらう

 

等身大ラブドール 処分方法3

 

少しでも生活の足しにしたい!

 

そのまま処分するには少し忍びない!

 

と考えている方向けの処分方法です。

 

長年可愛がって愛着のある方なら好ましくない選択ではあるものの、「処分するドールが多くて処分代を捻出できない!」と困り果てたオーナーさんにとっては処分する一つの方法ともいえます。

 

里子里親のように、欲しいと思っている方に引き取ってもらう方法や、中古買取業者に引き取ってもらうといった方法もあります。

 

※製造が古いものや汚れが著しく値段がつかない場合は、引き取りにも応じてくれない場合があるので買取時に確認することをオススメする。(どうしても買い取ってくれなかったら有料で)

 

●ラブドール高額買取サイト一覧

 

>>里子里親仲介ドールメイト

 

>>ボクの LOVE DOLL

 

>>ドリームドール

 

これ以外にもヤフオクなどに転売する方法もありますが、ヤフオクで出品されている商品のほとんどが偽物であることが多いので正直お勧めできません。

 

 

アダルトグッズ処分サービスを利用する

 

他社製品のラブドールを処分してもらうとなると

 

引き取ってくれないばかりか処分費用も高額なってしまう

 

中古業者に引き取ってもらうにも色々と手続きがめんどい!

 

お金は少しかかってもいいから面倒な手続きもなく早めにラブドールを処分したいという人向けですね。

 

【CyberBOX】アダルトグッズ処分キット(スーパー超特大)

 

●大型ダッチワイフやドールにも対応したアダルトグッズ処分キット

 

>>【CyberBOX】アダルトグッズ処分キット(スーパー超特大)

 

 

【まとめ】不意に捨てると死体遺棄と疑われることだってある?だから安全に処分する必要があるんです!

 

等身大ラブドール 処分方法4

 

ラブドールも、家具と同じく大型ゴミに分類されるのでそのままゴミに出すと、「廃棄物処理法違反の疑い」はもとより「死体遺棄」と間違われて逮捕されることさえあります。

 

過去に、60代無職の男性が長年連れ添ったラブドールの処分に困り果て、自宅から車で運んで不法投棄したという疑いで逮捕されました。

 

>>「女性遺体かと思ったらダッチワイフだった」事件

 

※リンク元:柔らかNEWSより

 

嘘だろ!と思ってしまいますが、実際に本当にあった事件なので笑いごとでは済まされません!

 

近年のラブドールは本物と見間違えてしまうほど精巧かつリアルに再現されており、一目見た感じでは人形とわからないぐらいです。

 

粗大ごみとして近くのごみステーションに捨てると本物の女性を死体を遺棄したと思われ疑いをかけられるばかりか、「あの御宅、妻や彼女がいないのにこんなものに手を出して・・・イヤダイヤダ」と奥様達からの非難の声を浴びせられることも。

 

ラブドールの間違った処分方法で人生が狂ってしまうなんていやですよね?

 

ラブドールの処分方法に悩んでいる方が間違った方法で処分することなく、法令に基づいた処分方法を選択してくれることを祈って当記事とさせていただきます。